デイサービスを開業するには|準備することを確認しよう

スキルアップする方法

整体師

充実した業務を行うために

柔道整復師は国家資格を取得して開業した時点がスタートラインとなります。開業した整骨院でさまざまな症状を抱えた患者さんと直接関わりあうことで、これまで学校で学んできたことを実地に生かし、経験や技術を積んでいくことができます。柔道整復師のスキルアップにはいくつかの方法があります。外部の勉強会に参加したり、勤務している整骨院で開催されるセミナーなどに参加して、より深い知識を身に付ける方法が1つです。より良い施術を行っていくためには、常に新しい知識を身に付け、学び続ける姿勢が大切です。柔道整復師として開業した後も、さらに業務の幅を広げるために、別の国家資格を取得する人も増えています。柔道整復師をしている人に人気なのは、鍼灸師です。解剖学や生理学などは、どちらの資格にも必要な科目ですが、柔道整復師の方が難易度が高いため、先に柔道整復師の資格を取得した後に鍼灸師の資格を取得するケースが多いです。鍼灸師は鍼やお灸を使用してツボを刺激して患者さんの身体の不調を取り除く仕事です。柔道整復師も鍼灸師も薬や手術などを行わずに症状を改善するという共通点があり、さらにどちらも国家資格を持っていなければ開業できないという法律の定めがあります。両方の資格を持っていれば、柔道整復師の業務範囲に東洋医学の考えを取り入れて、より幅広い施術を行えるようになります。最近はスポーツトレーナーが注目を集めており、選手の身体づくりやコンディション調整など、トータルで関わることが可能となっています。